読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なおの競馬本レビュー

競馬で勝ちたいです

「馬券術政治騎手名鑑2017ナナコ新党が競馬界を救う」を読んでの感想

政治騎手でお馴染みのヒノさんの最新作です。

『騎手名鑑』と謳っているだけに、ほぼ全ての騎手が網羅されています。

エージェントのつながりや厩舎のつながりが事細かく解説されていました。

それが馬券にどう活かせるかというのは疑問ですけど、あくまで名鑑として手元に残しておきたい一冊です。

 

表題の菜々子新党というのは中身を読んでもよく解りませんでしたが、本を売るために適当なキャッチコピーを付けたのでしょうねw。

藤田菜々子騎手は過剰人気するので買いたくないですが、乗鞍や馬質が充実していて、たまに来て「勘弁してください」となる事もあります。

他にはデムーロ騎手がエージェントを変えた経緯などが書いて勉強になりました。

デムーロ騎手はエージェントを変えて確かに馬質は落ちていますが、この本が出ても絶好調です。

やはり競馬はエージェントだけでは決まらないのだと思います。

 

それと内田騎手が重い体重の馬を動かすのが得意というのも勉強になりました。

そんなこんなで騎手を色々と解説しているわけですが、買い時もデータに基いて解説しているため、信用性が高いです。

毎年出ていて昨年がどうだったのかは知らないのですが、持ってないならオススメの一冊だと思います。