なおの競馬本レビュー

競馬で勝ちたいです

「砂にまみれて飯を食う」を読んだ感想

競馬ライターである半笑いさんの最新作です。

ダートの下級条件に特化した内容となっています。

私自身もダート下級条件を得意です。

ダートの上級条件は出走権(除外)云々と地方交流があるので難しいと思います。

 

それで内容なのですが、コース別データを並べただけの内容でした。

JRA-VANで拾えるようなレベルです。

それに半笑いさんの代名詞であるラップ理論を絡めたというような本に仕上がっています。

コース替わりを狙えという教えですが、既に実績があるコースを狙うとなると人気になるわけです。

読み終えてやるせない感覚になりました。

 

半笑いさんのネット上での評判はよろしくなく、情報商材やnoteの販売に力を入れているような人です。

有料の配信もしていますが、回収率はこんな感じとなっています。

 

これを有料で売るとかどうかしています。

noteだと1レース1000円以上取っていてこの数字です。

こういった人が何故本を出せるのか疑問に感じました。